世界一おいしいグラノーラ

世界一おいしいグラノーラづくりに向けた研究日誌です

おいしいってなんだ?

最近、いろんなグラノーラを食べてて感じるのは

「どれも美味しい」

「どれも普通に美味しい」

(たまにヘルシーに寄せすぎてて美味しくないのもありますけど)

 

どれもだいたい同じような材料を使ってるから、まぁだいたい同じ味になるんですよね。

オイルと甘味料は結構味に違いがでますが、ある程度ヘルシーなものにしたいと考えると使える材料もだんだん限られてきて…まぁ似たような味になるんですよね。

 

パンとかって、小麦の味がダイレクトに来るので、素材で味もだいぶ変わってくるけど、グラノーラはどうでしょう?

うーん、私の舌が鈍感なだけ…?そこまで違いを感じない。

 

そもそもグラノーラやクッキーとか焼き菓子で「最高に美味しい」って感じるものはなんだろう…うーん…唯一おもいついたのはコレかなー!ミレービスケット。

ミレービスケット(まじめなおかし) 130g

 

生菓子で言えばピエール・エルメのマカロンとかは本当に感動した。

【ピエール・エルメ・パリ】 マカロン3個セット

 

パンで言うとTHE CITY BAKERYのプレッツェルクロワッサンはもう本当に美味しかった!

 

グラノーラで言うと…まだ出会えていません。(自分の商品を除く)

 

 

ちなみに少し前にやってたドラマChef~三ツ星の給食~ - フジテレビの名台詞で「私の料理は”おいしい”じゃないの。”最高においしい"のよ!」って言ってましたが、とても気持ちがわかります。

 

最高に美味しくなければ、また食べたいって思わないもん。

 

でも味覚って人によって違うし、カロリーとか糖質を気にし始めると難しいし…

 

おいしいってなんだろう。(結論なし)